バナナが袋ごと無くなった!

介護日記

私は、最近スムージーを毎朝飲んでいるので、バナナを買ってきました。同じ時期に姉も2袋買ってきたので、合計3袋台所に置いてあったはずです。

今朝起きると、あれ?1袋足りない?
木曜日の朝に3袋あって、木曜・金曜と私も姉も1本ずつ食べたので2袋と1本あるはずなのに、1袋と1本しかない!
やられたと思って、トイレに行っている隙に母の部屋を捜索すると3本分のバナナの皮がごみ箱に捨ててありました。
食べるのは全然良いのだけど、食べ過ぎるとすぐゲーゲーし出すので、なるべく気を付けていたのに、まさかの袋ごと持ち去るとは!

だんだんやることが大胆になってきます。前は、1つずつお饅頭を持って行って結局3個食べてしまったり、ポンカンを1つずつ持っていき、1日に5個食べてしまったりというのもありました。

でも、あと2本のバナナはどこに行ったのだろう。謎に包まれています。
デイサービスでおやつを食べてくるので、なるべく夕飯まで何も食べずにいて欲しいのですが、この前はコーヒー豆をボリボリ「まずい」と言いながら食べていたので、どうしたものか。

飴か、小さなおかきでも買ってくれば良いのか、悩むところです。

今日は午前中、弟のお嫁さんが来てくれて、母の散歩に付き合ってくれました。
うちの家族は、あまり喋らない人が多いので、母ともほとんど喋らないのですが、お嫁さんが来てくれるとたくさん母に話しかけてくれるので、助かります。
母の思いがけない話も飛び出してきて、何だか母も楽しそうです。

毎週散歩に連れ出してくれるので、本当にありがたいです。
いつもありがとう💛

そして、なんと母が夕飯の時に「ご飯いっぱい作ってくれてありがとう。」と言ったのです。
実家に帰って来て9ヶ月。初めてありがとうと言われました。
たぶん、弟のお嫁さんがいろいろ言ってくれたからだと思います。
いつもの「美味しそうなのがいっぱい出来たね。」という心のこもらない言葉より嬉しかったです。

やっぱり感謝の言葉は大切ですね。私もたくさん言おうと思います。


にほんブログ村

コメント

モバイルバージョンを終了
タイトルとURLをコピーしました