家族のこと

スポンサーリンク
介護日記

コロナ感染のダメージ

5/21に急に発熱があり、のどの痛み、咳、食欲不振、倦怠感と次々に症状が出てきたので、月曜日にPCR検査をしてもらいました。 懸念した通り陽性で、10日間の自宅待機を余儀なくされました。 認知症の母も濃厚接触者と言うことで、...
介護日記

姉と母の変化

姉と腹を割って話をして以来、姉が何かと母の世話を焼いてくれて(今までは全くしてくれなかった)、母が着ていくものなんかも「これが良いよ。」とアドバイスしてくれたり、「デイサービス来てるよ。」と言ってくれたりするようになりました。 母...
家族のこと

計画的に家を出る算段をしていた高校時代

昨日は姉の進学時の驚きを書きましたが、姉より5歳年下の私は当時そんなことが行われていたとはつゆ知らず、のほほんと過ごしていました。 姉とは性格が違うので、私は高校卒業後のことは綿密に計画を立てていました。 父が威圧的だったの...
家族のこと

衝撃だった姉の話

高校時代に自分の夢を母の一言で打ち砕かれた姉。理解できないけど、何だか可哀そうな人たち。
ハートケアひまわりについて

トラウマ的なものや暴力の連鎖

小さいころの記憶によって、少なからずその後の人生に影響を受けてしまう。暴力の連鎖を止めるにはどうすれば良いか、永遠の課題です。
家族のこと

小さい頃の思い出話

先日姉と、母のことについて話をしていた時に、昔の話もたくさん出てきました。 母は、私のことを一番かわいいと言ってたよと姉が言い出し、 姉に直接そんなこと言うのって、ひどくない?傷つくよね。 はっきりと言ったわけじゃないけど...
介護日記

割り切れない思い

母の介護をしていて、理不尽なことがあると何で私だけ?という思いが湧いて出ます。それぞれ思いはあるのだけれど。
家族のこと

血の記憶2 御典医の落とし胤

私の母方のおじいちゃんが4代目ほねつぎだったと先日のブログに書きましたが、初代のほねつぎを開業したのが、いわくつきの人物だったそうです。 大名の御典医の非嫡出子、つまり大名の病気を見るお医者さんのお妾さんの子を養子にもらったの...
家族のこと

接骨院と整骨院 おじいちゃんはほねつぎ

実家付近には接骨院が異常に多いんです。うちのおじいちゃんは江戸時代から続く4代目のほねつぎで、先祖代々の技術が今の方々に継承されているのかもしれません。
家族のこと

血の記憶

以前法律関係の仕事をしていた時に、顧客の戸籍を取ることが多く、それを見て遺伝子の面白さに目覚めました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました